YOGA THERA

脳梗塞・ヨガ・ボディワーク


はじめに 脳梗塞・脳出血 後遺症

 

 

最近、問い合わせが多い

脳梗塞/脳血管障害後の病院でのリハビリ後のリハビリの希望としてのレッスン

(文が長い笑)

 

 

病院でのリハビリ終了後のリハビリ希望のレッスン?

 

リハビリ後のリハビリとしての場所を探している

という声をよくいただきます

 

 

 

病院で14年間、理学療法士をしていたこともあり

疾患の知識、リスク知識、ほか

病院で必要な知識はおそらく

今現場で働いている人よりしっかりもっている方かと思います

 

 

 

なのでどこかのブログからここまで検索してくれたようで

嬉しく思います^^ ありがとうございます

 

 

*事前に一つ問題があります・・・

 うちのスタジオ 入るまでに10数段階段があるんです

 なので、それが登れるかどか が入室できるかの鍵になっています

 ご了承ください

 

 

私の大前提条件

 

 

札幌で一番諦めてない(元)リハスタッフだと思います

だって ”限界” を考えてません

 

 

 

だって・・・

 

そんなもんない、から。

 

あと

まだみんな何も知らなくて何もしてないだけ

 

 

 

これが、私の大前提条件です^^

 

**************

 

プラトーという一般常識・業界用語

 

リハビリ業界にいると

「プラトー」という言葉があります

 

 

 

日本語にすると「限界点」「限界地点」「到達点」のような雰囲気

変わらなくなる時期・状態

 

 

 

脳梗塞・脳出血

例えば被殻出血という手足の運動の中枢部みたいなところがあるんですが

そこが壊れると手足の自由度がなくなり、

ほぼ動かなくなりますと言われます

 

 

 

教科書にもそうばっちり書いているし

医者はそう言います

 

 

「手足がかなり動きにくくなる可能性があります・・・」

「麻痺が強く残る可能性があります・・・」

みたいな.

(っていうのかは知りません TVドラマ風に考えれば・・w)

 

 

 

「プラトー」

だいたいこれくらいまでよくなるだろ、みたいな話

逆にいえば、これ以上は簡単にはうまくいかんぞ、みたいな話

 

 

 

 

これ、ほんと昔からなんですが

「へー そうなんだ」って思ってたんです。笑

へーって笑 全然心のこもっていない共感

 

 

 

だって「俺、確認してない」し。

 

 

 

 

手足が全く動かなくなるヒトが多いという情報をもらいました

 

 

 

脳神経外科にいたときに

たくさんの脳血管障害の患者さんをみました

 

 

 

被殻出血もいました たくさん。

視床出血とかいったら

感覚がなくなりますよー とか。

 

 

たしかに、っていう人もたくさんいた。

いたいた。でもね。

 

 

 

その病名後の反応は ”それぞれ” だったの。

 

 

 

当たり前っちゃー当たり前、なんですが

 

 

 

全然運動の麻痺がある人もいれば

そんなでもない人がいたんです。

 

 

 

感覚の障害がないはず、で、ない人もいれば

ないはず、なのに、ある、人もいるの。

 

 

 

一応、診断は MRIなどの画像診断になります。

 

 

 

で、実際に患者さんをみに行った。

するとね

 

 

 

違うの。全員。

 

 

 

そりゃそうですよね。

 

 

 

なんの病気でもそうですが、

その病気になるには

その”傾向性”が必ずあります

 

 

胃がんになる人は 〇〇をしてきた ということ

肺がんになる人は 〇〇をしてきた

 

じゃ、脳梗塞は・・・

 

という統計は出ますが、

これ!というものは出ません

 

 

なぜなら、それが人間で、抽象的概念のこの世の中であり

答えを一つに限定したいのは人間のエゴであります。

 

 

発症するまでに歩んできた道のりが全然違います

違いすぎる、のです.

 

 

 

EBM(科学的根拠)を学んでも臨床では活きない

 

 

何万人のデータからそれをいっているのかは知りませんが

私が興味があったのは

「目の前の人」がどうか、だけなので

診断名はどうでもいいんです。

 

 

 

大切だからもう一度言っておこうかな。

 

 

 

診断はどうでもいいんです。

 

 

 

おし、言えた。笑

 

 

 

そうじゃないですか?

 

 

 

「あなたはステージ3のがんです」

 

 

っていわれたとしたら、

「がーん」ってなるより (くだらんなw)

 

「じゃ、どうしよ。何が原因だったかな。今からやれることなにかな。」

だけが結局のところ、大事であって

名前もらったことで得するのって

三大疾病の保険精度により住宅ローンが無料になるとか

職場からいろいろもらえるとか

いろいろみんなが気にかけてくれる(一時的だけど)とか

生命保険入っていたらそこからなんりゃら金もらえる、とか

そんなもんであって

 

 

 

やるべきこと は

診断名に「がーん」って (しつこいw)

ショックを受けていること

ではないですもんね 

 

 

 

病名は〇〇〇〇〇〇

 

 

前から言っていますが

診断名は 「ニックネーム」

 

 

 

俺なら、はまさん。

しらはまさん、より、はまさん、のほうがいいしょ。

よっちゃん、より、はまさん、かと思って

いつからか そうさせました。

(今、よっちゃんと呼ぶ人はごくレアキャラです)

(「し」の音があんまり心地よくないので、シラハマサンと呼ばれるのが嬉しくないんです)

 

 

あなたにもニックネームがあると

コミュニケーションがとりやすいように

 

 

 

病院のなかでそのニックネームがあると

あなたにはこの特効薬のt-PAっていう薬使えますよ!

とか、

〇〇っていう高圧酸素の機械に入れますよ!

みたいな。

 

 

変形性膝関節症とかいう名前もらえると

”膝が痛い人は、エレベーター使っていいですよ!職員はダメですけど!”

みたいな、扱いをしてくれるという

ま、待遇が変わる程度の話なんです。笑

保険でこれ、買っていいですよ、っていうことくらい。

サポーターとか、靴の中敷き、とか.

みんながしなきゃいけない、ことをしなくてもいい とか。

 

 

 

たくさんの病名・・・じゃなくて

ニックネームをもらえることで

あなたを重宝してくれるわけです!!

(国が、保険が、まわりの人の目が、)

 

 

 

だって、病院でニックネームつけたら一生きてくれるじゃないですか!

(皮肉か・・笑

依存したら、ずっと薬取りに来てくれるし。

(こら、言い過ぎだぞ)

 

 

すごい話

コロナになって、病院いかなくなったじゃないですか

そしたら、病人減ったっていう統計あるんですよ!!

調べなくなったから病人(という扱いの人)が減ったんだってー!統計ってなに?笑

すごくない!やっぱり病院いらないよね!

疑う人は、「夕張 病院 崩壊」で検索♪笑 (病院好きな人は、そのままどうぞご利用ください)

 

 

 

冗談(のような本当の話)はさておき

(本当なの。ほんとw)

 

 

 

なので、病名・・じゃなくて、

ニックネームがあると私は

「へー」って思ってます

 

 

なので、あなたが私に

「こんなひどい診断名をつけられたので、親身になってください!」

という同情・依存的なリアクションをしたところで

いつまで経っても

私はそこには興味がないのでいつまでも”スルー”されます。

 

 

 

それ作ったの、あなた自身の感度の問題ですし・・・

気づかないのは誰のせいでもない、あなたの中にある問題です.

 

 

 

逆にいえば、あなたを変化させられるのは私ではない.

あたなしかない、といういことを知ること

人生の学び、成長の第一歩となります.

 

 

 

攻めているわけではない、のです. 一ミリも.

 

 

 

考えて欲しいのは「過去を悔やむ」のではなく

今までを知り、そして「どうするかを一緒に考える」こと.

 

 

 

「今から何をすべきか」

「何を学んで、勘違いをどう訂正していくか」

を学べばいいだけなのです

 

 

 

なので

私は一生ガイド役です。

 

 

 

あなたのパートナーじゃないです。

だって私と一緒に入れる人なんて限られているでしょ。

 

 

 

あなたと依存関係にはなりません。

 

 

 

え? 冷たく聞こえる?

 

 

 

それは、あなたのなかに巨大な執着心があるからであって

それがない人には

この言葉は「笑い」にしか聞こえていません。

 

 

 

え?怒って聞こえる?

 

 

 

私は怒っていません。

あなたが怒っている、と聞こえたのは

あなた自身の中に、すべきことをしていないなにかがあって

大切なものをわかっていながら

それを実践せずに逃げてきた経歴が眠っているからであって

私が怒っているということにして

相手にイメージを植え付けることで

あなたが逃げ出したいにすぎません

 

 

 

だって、私は怒っていません。笑

どちらかというと、笑ってます^^

 

 

 

あー、なるほどねー

こんなパターンもあるよねー 

今日も勉強になったなー♪

と思っている、くらいの感覚です

 

 

 

それ、勘違いでは?

 

 

そう・・・

あなたは勘違いして生きています。

 

 

 

あなたを苦しめたいと思ってなんかないのに、

あなた自身が「あの人は私が嫌いなんだ・・・」と思い込む

 

 

あなたを怒らせたいなんて思っていないのに

あなた自身が「あんな冷たい態度、発言をするなんて・・・」と思い込む

 

 

 

こちらのほんのわずかな行動を

勝手に読み取り勘違いすることで

あなたのなかの感情が掻き立てられるのです

 

 

 

すべてがあなたの勘違いだなんて思いもしないまま.

 

 

 

だから

その生き方の修正をするのが

このヨガセラというスタジオになります。

 

 

 

すごい人もいます

 

 

3年かけて 今、糖尿病の薬を手放せるところまできたNさんもいます。

(彼女についてはまた紹介します)

 

 

 

糖尿病がなおる、なんて

考えたことありますか??

私もびっくりします

 

 

 

治ってきていること、ではなく

「続けてきてくれたこと」にです

(よくなるなんて、当たり前すぎて 誰でも変わっていきます)

 

 

 

医師とも相談しながら薬を減らしていく方向で調整して

日々を生きています

まずはあり得ない手段、ですよね

 

 

 

糖尿病の人が薬を減らすなんて・・・

いや、常識じゃない

 

 

 

しかし、減らせば減らすほど

生きる意欲が増えていきます

彼女は生き返っています

 

 

 

僕らは無意識に何かに依存します

 

 

 

それが人間の特質なのだからしょうがありません。

 

それに気づき、変化、対応していくことが

我々の一つのミッションです

 

 

 

私にはあなたのプラトーを決めてしまうような

概念がありません

 

 

 

だから、あなたが「今より良くなりたい」と思うのならば

私はとことん付き合います

 

 

 

今なかったものを感じてもらい

また次に向けて身体を、心を成長させていきます

 

 

 

どんなに物分かりが悪い人も

あなたが諦めない限り

私がここにいる限り対応いたします

 

 

 

 

これは終わりのないアプローチなのです

 

 

終わりを決めるのは、

世の中の常識にハマった概念か

あなた自身です

 

 

 

 

 

ボディワーク・ヨガは

人生のガイドとなる道標を与えるもの 

だと思っています。

 

 

 

(だから、迷っていない直進している人にはこれらはいらないのです)

 

 

 

ということで

(話を無理やり戻した)

 

 

 

脳梗塞だろうが

脳出血だろうが

側弯症だろうが

がんだろうが

かぜだろうが

鼻炎だろうが

ワキガだろが

気になる体臭だろうが

痛風だろうが

糖尿病だろうが

うつ病だろうが

顎関節症だろうが

彼女とのトラブルだろうが

職場での人間関係トラブルの解決だろうが

 

 

 

 

今すべきことをしていきます

 

 

 

良くなります

なるに決まってます

 

 

 

あなたが気づくまでやりますからね

(しつこく問い続けます)

 

 

 

血圧の問題がある人は

現代の栄養の大間違いの話から始めますし栄養の話もします

(医師の指示を含め最終的には自己判断で行ってもらいます)

 

 

 

 

食べ物は好きなものをとことん食べてもらいます

制限はほとんどありません

食べてみてどうなるかということに意識を向けるレッスンをしますから

食べたいものはあなたが選んでいくことになります

 

 

 

私が言った通りにするということをして欲しいわけではないのです

 

 

 

あなたが選ぶ

のです

 

 

 

一定期間学ぶ

集中的に学ぶ

定期的に通い続ける

 

 

 

いろいろあります

 

あなたにあった方法を選んでください

 

 

 

効果的に続けることで一生のものにしてください。

 

 

 

私はよくある”ライフパートナー”ではなくて

 

 

 

ライフナビゲーター

 はまち

として、これからも変わらず活動していきます

 

 

 

各地で私と会いたい人は、

ぜひ 全国ワークショップ しあわせの種まきツアーをご覧ください

 

・6月13日 帯広

・7月17日 熊本

・9月1か2日 函館 夜クラス

・9月4・5日 青森 new 決定

 

 

 

プライベートレッスン (2021/04/16 午前現在) 

・帯広 6月11日 13時、15時 空いてます

(会場 札内コミュニティプラザ)

 

・熊本 7月19日 のこり10時枠のみ

・函館 9月2日 日中 10:00、13:00、15:00 

・青森 9月3日 予約完了(2021/04/16 21時現在)

 

 

 

ほか、ご希望ありますか?

あれば、あなたの街へ・・・

(希望あれば、考えます)

 

 

 

スタジオに来れる人はスタジオで お待ちしております

→ 予約空き状況

 

 

 

ライフナビゲーター Hama

 

プライベートレッスンのご予約はこちら

プライベートレッスンのご予約はこちら

YogaTheraは身体の癖に気づき、動きと感覚を通して 矯正・学習を進める札幌唯一のプライベートスタジオです。
札幌から日本を元気に!皆さんで是非、健康的な心と体を手に入れましょう。

ご予約は LINE@ or お電話(080-6841-0761)へ。

下記のフォームでもご予約を受付しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    グループレッスンのご予約はこちら

    グループレッスンのご予約はこちら

    定期的に開催しているグループレッスンを
    オンラインでもご自宅で気軽に受けられます

    ご予約 専用予約ページ or  LINE@

    下記のフォームでもご予約を受付しております。

      は必須項目です。必ずご記入ください。

      お名前
      ふりがな
      メールアドレス
      ご住所
      お電話番号
      お問合せ内容
      個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

      全国各地でのワークショップご案内

      各地でのクラス・幸せの種まきツアー

      2021年予定

      <帯広>
      8月1日 日曜日 9:30より
      呼吸レッスン第2段 予定

      11月予定

      <北九州>
      7月21日 夜レッスン
      7月22日 1dayレッスン

      <熊本>
      7月17日 夜クラス 市内にて
      7月20日 ミルト

      <函館>
      9月1・2日 夜に2days ヨガクラス

      <青森>
      9月4・5日 クラス

      <福島>
      10月30日 一般向け ボディワーククラス
      10月31日 専門職も対象 Deep Lesson

      注意:以下のブログを読むにはパスワードが必要です

      LINE@へのご登録をお願いします^^

      「パスワードくださーい」とメッセージくださいね♪

       

      【世の流れを知りたい人専用】

      第1段 10年後も健康でいられるために    栄養のいろいろ

      第2段 10年後も健康でいられるために  ワクチン

      第3段 10年後も健康でいられるために 人間に必要な3要素

      第4段 目の使い方

      第5段 頭痛

      第6段 睡眠

      第7段 歯について+塩

      第8弾 呼吸について なぜ”呼ぶ”か

      第9弾 老後の話 2000万円の謎 

      ・今後配信

       

       

      【For 施術者・セラピスト】

      *こちらは白浜に会ったことがある人限定です*

      つながり

      関節

      筋肉の緊張

      ・今後配信♪

       

      この記事を書いた人

      白浜芳幸

      1982年生まれ札幌在住. 2012年より北海道セラピスト研究会に参加し理事・講師として活動. 理学療法士、作業療法士などの現場で働くプロを指導. 同時に各地で年間50本近くワークショップを開講. 2018年よりコンディショニングスタジオヨガセラ開設. 本来の人間の”生き方”と”考え方”を手に入れるためのツールになる”ボディワーク”と”ヨガ”を各地で伝え続ける.

      この著者の記事一覧

      コメントは受け付けていません。


      前の記事へ

      次の記事へ

      SHARE
      PAGE TOP