YOGA THERA

ダルマとラーガとドゥヴェーシャ

LINEで送る
Pocket

今起こることはすべてGood Experience.

 

 

 

 

一見、辛くかなしい出来事に見えても

実はそれがあなたを助けてくれることになるのは

後々わかること

 

 

 

「ただ味わいなさい」

そして

「すべきことをしなさい」

 

 

 

どんな時も同じで

そう伝えます

 

 

 

辛い

かなしい

苦しい

 

 

 

人には大なり小なり、様々なイベントが起こります

 

 

 

でもそれには「必ず意味があって起こる」のだと

常に思いながら、ワタシも生活すべてを送っています

 

 

 

これはかなしいことも、嬉しいことも

どちらも味わうべきかと思います

 

 

 

大切なこと

 

 

 

そして

それに伴う”感情”に踊らされないこと.

 

 

 

 

あなたがあなたのすべきカルマをまっとうして生きていた時(=ダルマに則り生きる)

あなたのカルマは浄化される

 

 

カルマ

 

 

あなたが正しいことをし続けた時

あなたのカルマが浄化され、

起きるべきことが変化していくことがあると言われる

 

 

 

例えばあなたが交通事故にあったとする

 

 

 

交通事故にも程度・症状があります

 

 

 

その交通事故は必ず起こる

それもカルマと言われる

 

 

 

起こるべくして起こるのだ、と.

 

 

 

その事故の程度は

普段のあなたの日頃の行いで変わる、とするのだ

 

 

 

カルマの法則

 

 

 

交通事故で会う相手

 

 

それも

 

 

アナタがいるから、ワタシがいる

ワタシがいるから、アナタがいる

 

 

のだから.

 

 

 

そうか・・・

 

 

ということは

すべてあなたの目の前に現れる人は

見知らぬ人に思えて、

実は出会うべくして出会う人、なんですね

 

 

 

すべては”ご縁”であります

 

 

だから出会いに

いいも悪いも ないのです

 

 

 

あなたに起こるイベントすべてカルマ

 

 

 

 

あなたを試してくれる一つの ”イベント” にすぎません

 

 

 

ちなみに

 

 

最近、あなたを喜ばせた人はいましたか?

あなたを感動させてくれた人

あなたを喜ばせてくれた人

 

 

 

その人が、アナタの知らないところで、

あなたを傷つけることを言っていました

 

 

そして、それをあなたは目撃しました

 

 

さぁ、

あなたはその人をどう思うでしょうか?

 

 

 

同じ気持ちで信頼し、

同じ想いで相手を尊敬できるでしょうか

 

 

 

きっと、相手に対する想いは急変したかと思います

 

 

 

「あんなに信じてたのに・・・」

「あんなに信頼してついていこうと思ったのに・・・」

 

 

 

 

その時、あなたの中に

イライラやなんとも言えない感情が多々湧いてきます

 

 

 

そして、どこにぶつけるでもなく

相手の苛立ちを周りにぶつけたり

自分にあたったり、

過去をすべて否定したり

相手をけなし、さらにそれを周りに言いふらしたり・・

 

 

 

そんなあなたは、すべきことを完全に見失いました

それは”感情”に振り回された、

つまりはマヤmaya(塵)に翻弄された、と言えます.

 

 

 

ラーガとドゥヴェーシャ

 

 

ラーガ と ドゥヴェーシャ

好き と 嫌い

欲望 と 憎悪

 

 

と、訳されるヨガの話

 

 

 

あなたは好き嫌いで物事を生きている

 

 

 

その二重制が我々を苦しめていると知りながら、

そこから抜け出すことができないのです.

 

 

 

 

思い出してください.

 

 

 

この話で

変わったのは誰でしょうか.

 

 

 

そう、、、

アナタだけ です

 

 

 

その信じていた人 は、

実は何も変わっていないのです

 

 

 

最初からそういう人だった

それを見抜かなかったのは

 

 

 

そう

紛れもない”アナタ”だけなのです

 

 

 

それをあなたは

”自己を正当化するために”

相手が悪いということにしているだけなのです

 

 

 

さて、相手は本当に悪いのか.

 

 

 

物事はすべて自分の中に起こることであり、相手は相手.

 

 

 

あなたがどう思うかはアナタ次第なのです

 

 

 

人を巻き込みながら

あなたは成長していきます.

 

 

 

これも紛れもない事実でしょう.

 

 

 

子供の頃に言われませんでしたか?

 

 

 

子供の頃にこんなこと言われませんでしたか?

 

 

 

「人様に迷惑をかけないようにいきなさい」

 

 

 

なんて.

 

 

 

先に答えを言っておきますが

 

 

「絶対に無理です」

 

 

 

 

 

そもそも逆なんです.

 

 

 

我々は、人様に迷惑をかけて生きるイキモノなんです.

 

 

 

前提:迷惑はかけるもの

 

 

 

「えーーー」ですかね.

だって、そうじゃないですか

 

 

 

生まれてから、歩くまでにも1年もかかり

働いてからも、ちょっとシゴトができるようになるためにも

たくさんの人にお世話にならないといけない

 

 

 

一人でなんてまったく生きていけない

 

 

 

スーパーで働く人がいないと、商品は手に入らないし

牛を飼ってくれる人がいないと、肉は食べられないわけだし

炭を作ってくれる人がいないと、バーベキューできないし

おいしくコーヒーを焙煎してくれる人がいないと、コーヒーも飲めない

ラーメン食べたいなーと思っても、ラーメンをみんなに届けたい!という熱い想いを持つ人がいないと

我々は食べることができません

 

 

 

 

ヒトがいないと我々は生きられません.

 

 

 

文句、不満なんて言ってる場合じゃないかもしれません.

 

 

 

すべきこと

 

 

それよりも伝えるべきは「感謝」ですね^^

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

気づきを与えてくれるアナタに感謝.

つながってくれるアナタに感謝.

メッセージをくれるアナタに感謝.

この100年ゲームに挑ませてくれた両親・生みの親に感謝.

 

 

 

 

すべてに感謝を伝えていきたいですね^^

 

 

 

どれにも執着しない

 

 

 

離れていくものには大いなる感謝を.

近づくものには多大なる感謝を.

 

 

 

これからの風の時代を乗り越えるのに

一番考えておかないといけない基盤かと思いましたので

今日は書かせてもらいました^^

 

 

 

2020年12月から始まります.

 

 

 

さぁ、準備はどうかな^^

あと3ヶ月弱.

何が起こってもおかしくない3ヶ月間です^^

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 

 

 

 

アナタへのメッセージ

 

好き嫌いを超えて、ただアナタを愛してくれるヒトを見つけてください

アナタの魂を感じて繋がるヒトに出会うために

不平不満、不安や文句ではなく感謝を伝えながら

アナタの目の前にある課題を一つずつこなしていってください

 

ここにたどり着いたアナタは

すでに幸せになるチャンスを手に入れていますから^^

 

 

この記事を書いた人

白浜芳幸

1982年生まれ札幌在住. 2012年より北海道セラピスト研究会に参加し理事・講師として活動. 理学療法士、作業療法士などの現場で働くプロを指導. 同時に各地で年間50本近くワークショップを開講. 2018年よりコンディショニングスタジオヨガセラ開設. 本来の人間の”生き方”と”考え方”を手に入れるためのツールになる”ボディワーク”と”ヨガ”を各地で伝え続ける.

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP