YOGA THERA

解釈。いい、わるい。


昨日、うちの講座のメンバーで

復習会をしていました。

 

 

 

やっぱり、陥ります。

 

 

 

これがいいんですか?

こうやると、やっぱりよくない?

 

 

 

講座の1日目に伝えるんです。

 

 

 

「動きにいいも悪いもない。」

「強いていうなら、洗練されているか、されていないかの違いはある」

「正解という概念を外して行こう」

 

 

 

そんな話をして、

毎回(いまのところ16回)そんな話をしていくんですが

 

 

 

「やっぱり、こうやると腰に負担がかかるから・・」

= そうやると、腰に負担をかけることができる

= 腰を壊せる

 

 

「こうなると、腕がしびれちゃう。」

= そうやると、血管が圧迫される

= 負担になる

 

 

こうなるとこうなる

 

 

ただそれだけの話で

気づいたら止めればいいだけのはなし

痛み、負担かかってるのに

内側からの声を無視して

同じこと続けて

関節壊すまで続けるのは、

馬鹿なだけでしょ。

 

 

ワタシも股関節壊すまで

無視した馬鹿です。

 

 

 

やめたらいいだけ

 

 

 

頭の中で「いいわるい」はいらないとわかっていても

生活の中で「活かせていない」から学んでいる

 

 

 

そう、学びとは「気づくための場所」

 

 

 

【知識】を【実践】に

 

 

 

気づけないから

我々は、ヒントをもらう

 

 

 

他人からのヒントなしにどんどん自己分析出来る人を

ワタシは『天才』と呼んでいます

 

 

 

ワタシは天才ではないので

本を読んだり

人と話したりして

成長するしかありません

 

 

 

成長しないと苦しいの。

 

 

 

時代は変わって

どんどん変容していくんです

 

 

 

それに合わせていかないといけないのに

ついていけなくなるんです

 

 

 

最近は簡単に命さえ落としてしまうんだから。

 

 

 

すごいなぁ。

 

 

 

死ぬの、怖くないんだろうか。

 

 

 

ある意味、アビニベーシャの感覚は

なくなっていたのかな

 

 

だから、死ねるのか?

 

 

 

多分違うね

 

 

 

その感覚すら感じないくらいに

「感度が落ちてる」んだよね

 

 

 

いろんなものに気づけなくなるんだ

 

 

 

情報に操られないために

ゆっくり座って

自分の内側から聞こえる声を聞く練習してみたら

今の環境は、本当に必要かどうか

わかってくるのかもしれないな^^

 

 

 

読んでくれてありがとう。

 

 

 

 

 

この紅葉にいいもわるいもないでしょ

 

プライベートレッスンのご予約はこちら

プライベートレッスンのご予約はこちら

YogaTheraは身体の癖に気づき、動きと感覚を通して 矯正・学習を進める札幌唯一のプライベートスタジオです。
札幌から日本を元気に!皆さんで是非、健康的な心と体を手に入れましょう。

ご予約は LINE@ or お電話(080-6841-0761)へ。

下記のフォームでもご予約を受付しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    全国各地でのワークショップご案内

    各地でのクラス・勉強会のお知らせ

    2021年 全国ヨガセラ種まきツアー

    <函館>
    9月1・2日 夜に2days ヨガクラス

    <青森>
    9月4・5日 クラス

    <帯広>
    10月1日 プライベートレッスン 予定
    10月3日 ヨガクラス

    12月12日 ヨガクラス

    <福島>
    10月30日 一般向け ボディワーククラス
    10月31日 専門職も対象 勉強会

    <北九州>
    11月5日 夜クラス
    11月6日 1日クラス

    この記事を書いた人

    白浜芳幸

    1982年生まれ札幌在住. 2012年より北海道セラピスト研究会に参加し理事・講師として活動. 理学療法士、作業療法士などの現場で働くプロを指導. 同時に各地で年間50本近くワークショップを開講. 2018年よりコンディショニングスタジオヨガセラ開設. 本来の人間の”生き方”と”考え方”を手に入れるためのツールになる”ボディワーク”と”ヨガ”を各地で伝え続ける.

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    SHARE
    PAGE TOP