YOGA THERA

鎖につながれたゾウと思い込みの過去。

LINEで送る
Pocket

プロローグ

 

 

「甘えたくないの?」

 

 

それとも

 

 

「甘え方を知らないの?」

 

 

と聞かれて、この2つは似ているようで全然違う答えが出る質問だなって思った。

 

 

「甘えられない」という「今」を掘り下げる質問。

 

 

掘り下げて、その原因すら考えさせる。

 

 

え、どうだったっけ、わたしって?

 

 

ココロのフタが開くのは一瞬だった。

 

 

お父さんみたいに優しい手に誘導されて、カラダの芯の力が解けていった。

 

 

 

くさりにつながれたゾウ

 

 

あっちゃんの○○大学をみていた笑

 

 

そこで出会った話が、あぁ、まさにそうだなって思った。

 

 

話のなかにゾウがでてきた。

 

 

もう随分と大きく成長したのに、さほど重くも頑丈でもない鎖に繋がれているだけで逃げない。

 

 

一人前のゾウなら簡単に外せそうな鎖なのに。

 

 

ゾウ使いはこう言ったそうだ。

 

 

小さい頃に重く頑丈な鎖に繋いでおく。鎖は重いものだと植えつけておく。

 

 

そうすれば、成長しても「この鎖は自分では外せない」と判断して逃げないのだ、と。

 

 

過去そうだったから、きっと今もできない。

 

 

前のわたしはできなかったから、これは得意じゃない。

 

 

小さい頃に失敗したから、もうやらない。

 

 

父にも母にも甘えられないでいたから、甘えなくたって平気。

 

 

 

エピローグの前に

 

 

大したことない失敗も随分と大きなトラウマになって、カラダのどこかに刻まれてるのかもしれない。

 

 

甘えられないでいたって思い込んでるけど、

 

 

本当にいろんなところに連れていってくれて「体験して学べ」を体現してくれた父に、

 

 

「なんでもできるよ」といつも全肯定してくれる母に、

 

 

きっとわたしは、思いっきり身を委ねていたのだと思う。

 

 

ただ、何かのきっかけが、何かの思い違いと経験が、その記憶を心の底に閉じ込めてしまっただけ。

 

 

随分といろんな鎖を解いてきたと思っていたけれど、まだまだあったんだなぁ。

 

 

それだけ、たくさんの経験をして、

 

 

それだけ、一生懸命生きてきたんだな。

 

 

よくよく掘り下げてみると、いつの間にか外れていた「思い込みの鎖」がいくつもあった。

 

 

だからね、

 

 

あなたが過去に経験したトラウマだと思ってるその「鎖」、実はもうとっくに外れてるかもよ?

 

 

必要なのは、ほんの少しだけ触って持ち上げて確かめてみる勇気かもしれない。

 

 

この命の間にもう少し、温かさに触れて過ごせますように^^

 

 

 

トモミ

この記事を書いた人

中野知美

RYT200を取得する過程で、流行りのヨガに違和感を感じ、ヨガをしてカラダを壊す人が多いことに疑問を抱き始める。 理学療法士でありヨガティーチャーである白浜芳幸氏に出会い、ヨガの真理に気付く。コンディショニングスタジオYogaTheraに所属しながら、白浜氏と共にヨガの叡智を伝えるべく全国で学びを深める日々を送る。 日常に活かすためのヨガの教えを分かりやすく伝える講座には定評がある。札幌、旭川、大阪、仙台など各地でワークショップを開催中♪

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP